cgi-milk.kysrt.com

-

体重管理の基本

ダイエットを成功させるためには、体重を管理することが大事です。どんな点に注意をすればいいでしょう。健康のために体重を増やしたいという人にも、体重管理は大切です。健康面を配慮するのであれば、体重は増減どちらの場合でもゆるやかにやることです。ダイエットでは急激な体重の減少はリバウンドの大きな原因になりますし、何らかの理由体重を増やしたい場合でも急激に増やすと体脂肪が付きすぎてしまいます。きちんと体重管理をすることで、なりたい体重に計画的になることができることでしょう。体重管理のために食事量のコントロールをする場合、カロリー量などの計算をすることはとても大変です。同じカロリーを摂取しても、人によっては吸収できるカロリーに差があり、一律ではないためです。体を動かす機会が多い人と、そうでない人とは1日に消費するカロリーの量が異なるため、必要な食事の量も違っています。世間一般の感覚でいえば、食事の量だけで体重管理ができそうなものですが、不確定な要素がたくさんあります。どんな食事をしたときに自分の体がどう反応するのかがポイントになります。まずは体重管理に必要な情報を得るために、自分の体重はどんな要因で増減するかを確認します。食生活や、生活習慣が体重の変動にどういった作用を及ぼしているかを理解することによって、体重管理ができるようになります。

ダイエット後の体重管理

ダイエットが終わってからの体重管理は何が大事でしょう。せっかくダイエットを達成したのに、リバウンドしてしまったという話は珍しくありません。九割の人がリバウンドしたことがあるそうです。人間の体にはホメオスタシスという機能があり、これがリバウンドの理由になります。急激に体重が変化したとき程、リバウンドは起こりやすくなります。ゆっくりと体重が減っていくように管理しながらダイエットを行いましょう。ホメオスタシスがある限りリバウンドはどうしても発生しますが、リバウンドすることを踏まえて体重管理をすることです。ダイエットを達成した時に、その体重を維持するためには、体がその体重が異常なことでないと認識するように体重を一定に保ちます。減量後の体重を、普段の体重であると体か思い込むようになれば、リバウンドが働くようになることはありません。目標体重まで減量ができて以降も、ダイエット中同様の食事で体重管理を行います。だいたい3か月くらい体重管理ができれば、その後は多少食べ過ぎても極端にリバウンドすることはありません。その体重が適正体重だと、体が認識するためです。人によって体質に違いはありますが、ダイエットがうまくいったら、次の3カ月間はきちんと体重管理をすることが大事です。

体重推移の管理

日々の生活内容や食べるものによってどんな風に体重が増減するかを知ることが、体重管理の基礎です。体重とは常に同じものではなく、1日のうちでも変わっています。些細な変動に気を取られて、大局を見失わないようにしましょう。少しの違いで気持ちをアップダウンさせないためには、1週間の体重をまとめてチェックし、平均で情報を得ることでしょう。毎日の体重の変化ではなく1週間ごとの平均を記録するので、大まかな動きをつかむことができます。ダイエットを成功させるためには、その時々の体重を常にまともにとらえる考え方はしないことです。1週単位で体重を確認することによって、ゆっくりと体重が減っていくことに気づくでしょう。毎日のちょっとした変化に敏感になることより、長いスパンで物を見ることが、体重管理には必要です。日々しっかり体重を測ることが、体重の管理では必要不可欠です。自分の体重は正確に把握するようにしましょう。軽い気持ちで日々体重を測ることができるようにするため、普段から目に止まりやすいところに体重計を置くといいでしょう。目に見えないところに体重計を置いておくと面倒になってしまうからです。体重管理を軽い気持ちでできるように、体重計はつい乗ってしまいそうなところに設置するといいでしょう。毎日、決まった時間に体重計に乗るようにすると、体重管理がよりやりやすくなります。自分の中で決まりごとをつくり、それをこなしていくといいでしょう。

更新情報